おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
好みに合わせたんだよ



鳥肉のソテー


すみません。はっきり言って、今、うちは新婚状態っす……

帰ってきた旦那様に「お風呂にしますか?それともご飯にしますか?」って感じです……。

皿洗いまで、めっちゃ楽しい……


皿洗いは……アレは、立体パズルだね。

洗う順番とか籠に入れる位置とか考えながら洗うと楽しい。

左手でカゴに入れながら右手で大体のすすぎを終わすと、すぐ終わるし。





手当たり次第に洗うんじゃなくて、きちんと大きさとか素材とか揃えながら洗うから

退屈でも無い。

食洗機があるから、たまに使わないと行けないので

たまに食洗機を使いますが

いつもはナチュラルに普通に手で洗ってます。



うちの母上は大嫌いらしくて、しょっちゅう怒り任せに何か割ってた。

基本、家には家政婦さんがいて、書生さんもいるので、洗い物とかご飯は彼女たちがやってくれるのだけど

いない日が大変だった。

ああ!もう、こんなに洗い物が!!!ってなるらしい。

あの子は皿を洗わない!!とかって、

すべからく家中の人の文句を言っていたんだけど

どれをどのくらい食べたかとか、どのくらい油でベタつくとか

見るものはたくさんあるだろう?って思うんだけど、


多分、根本的に自分が皿洗いが大嫌いだから怒るんだとおもう。

そうで無かったら、「もっと手伝うように躾ければ良かった」とか

「嫁に行ったら、ちゃんと出来るか?」とか

「一人暮らしを始めたら洗い物を溜めずにいられるのか?」とか

親なら、そういう心配が先に来るにはずなのに、

そう言う心配をしない時点で

やっぱり皿を洗うのが嫌いだから、怒り散らすんだと思うよ。



ちなみに、私は4〜7歳くらいまでは、母の横で洗った皿を拭いていたんですが、

やらなくなった理由はただ一つ。

手伝っている私の悪口を延々横で言い続けるから。

父親と祖母の悪口の次には、必ず私への悪口が来る。

顔が似ているから、性格も同じはずだ!!ってなる。

「三つ子の魂百までもっていうけど、本当にお前は、お父さんとおばあちゃんソックリ。嫌だわ」って

言われ続ける。




もう、2度と手伝いなんかするものかと、一人で泣いていました。

子供だからね、何故、許せないとかいうなよ。7歳児に何を期待しているんだ?





注意

ちなみに、「三つ子の魂百までも」というのは、親から受け継がれたDNDのことを言うのではありません。


このことわざは、『その乳幼児期の脳を健全に育てることが如何に大事かということを、示唆している』もので

血統を意味するのではなく、

つまり、母親が自分の子供に使った場合「あたしが育児に失敗しました」という意味合いになるのですが

まぁ、読んでいただければわかるとおり、彼女は、血統の事だと勘違いして使用している模様。

そうでなかったら、「頭がおかしい」という結論しかで無い。


似た言葉に、「豹は自分の斑紋を変えることはできない」というものがありますが

豹親と豹子の斑紋は、全く同じでは無いので、個人のオリジナリティーの話で

やはり血統の話では無い。




もし、それが 豹は虎柄になることは無い。という意味のものだったら、それは類似の異種族に変わることはできない。ということになり、それを人間に当てはめた場合

人は肌の色を変えられない。という、人種差別のレイシスト発言になる。ので「三つ子」=3歳児という部位の意味が無くなり、「三つ子の魂百までも」とは一致しなくなるので、注意が必要。


いずれにしても、日常、使わない方が無難な言葉。


ブラックジョーク以外、活きる事は無い言葉っす。

これ口にした人とは、付き合わない方が無難。

「人間は変わる生き物」っていうのを、根本的に否定しているレイシストか、

頭の中が魔女裁判中の、差別意識丸出しの、中世の人間が使う言葉。












で、写真は

すげぇ安上がりな一品っす。

鳥の胸肉は100g48円なんだよね……

で、それを塊で1枚買って、上下2枚に削いで2人分にして使います。

つまり180円÷2=90円……


おほほのほ。

もう、安いし油少ないし、いろんな形に切り刻んで使ってます。

肉の目を利用して切るとホロホロになって良いよ。胸肉。





で、旦那様がめっちゃ喜んで食べてくれたのでメモ

2枚に下ろした胸肉を

いつも使う塩の代わりに、クレイジーソルトを降って

焼いているうちに転がり落ちるブラックペッパーをしっかり多めに降って

やっぱり剥がれるバジルもしっかり降って15分



で、どうやらままでの傾向から、旦那様が醤油バターがお好きなようなので

いつもならオリーブオイルでやるんですが、今日はバターたっぷりでやってみた。


バターをフライパンに大さじ1.5くらい溶かして、ニンニクのスライスを入れて

最初に皮をしっかり焼いてから

焼けたニンニクをフライパンに並べ直し、其の上に鳥をひっくり返して置いて

フライパンの前で、水蒸気の出方(焼き加減)と匂い(焦げていないか)を確認しながら

弱火強火を繰り返し、

面の焼け具合に合わせてフライパンに蓋をしたり外したりを繰り返し

15分じっくり焼く……



で、バターと醤油とレモンとちょびっとお酒で、割と多めのソースを作って

最後に粉チーズをふりかけて出来上がり。

(鳥は味が淡白だし、分厚いから断面が広いので、表面の味だけだと薄味になるので、ソースは多め)


はっきり言って……

スパイス主体の味付けだから、塩分自体はそんなに無いのよね




なんか、和食の煮物(特に田舎料理)は、すっごく醤油と砂糖を使うから

あれに比べりゃ少ないと思う。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/2950-cdaa2c8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる