おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現実的な話で二次元



池袋で 買った プリン。旦那様用

なんか・・・頑張って アニメイトを スルーして 駅の構内に入ったら

プリン好きの旦那様に ナイスな商品があったので お土産に買ったさ。



で・・・・池袋・・・・

完全に 腐乙女の聖地に なりましたね・・・・

アレがいたよ・・・・調査兵団のコスプレブーツを 普通に履いている 若いお嬢さんが・・・・


「うお〜〜〜〜〜〜勇気あるな・・・」とぼんやり眺めて来た私です。


でも、アレもいた・・・・

宗教とパワースポットの本を真剣に読む 

多分 私よりちょっと年下のおばさん


カオスだな・・・・池袋・・・・・・・・



まぁでも、オタクの聖地でも 池袋は 女の子のオタクの聖地なので

秋葉原のように「電気街」〜「オタクの聖地」〜「風俗街」というコースはたどらないでしょうね・・・・・

つうか、池袋は 最初はしっかり風俗街だった訳だし

いまでも、ちょっと奥に入ると 風俗街だから

変わりがないと言えば 変わりがない・・・・か・・・・・








で・・・・旦那様が

「街に 「黒子のバスケ」と「進撃の巨人」の ガシャポンとか グッズがあふれている訳なんだが 

お前は誰が欲しいんだ??」と

聴いてくださったので

ガシャポングッズのページを プリントアウトして ○と×をつけ 200円を添えて 

何も知らない人が聴いたら 呪文にしか聞こえない キャラの名前を 羅列し 要望を伝えてみた





呪文

「200円= 一発で 兵長か 団長か エレンか 巨人化したベルトルト=超大型巨人はベルトルトさんなんだよ♥

 それと 黒子か 火神君か 黄瀬君か 青峰君か 緑間っちを 出してください。フィギュア系が好きです♥

ミケと木吉先輩は グッズ自体が無いので 多分 探してもいないです」







女房に 呪文を唱えられ 旦那様の目は 点になった・・・・



旦那様=「俺・・・わからん・・・」←普通の 一般人の 正しい反応




で・・・「一発で 出せ」という  無茶ぶりをする私です。






だって・・・・・

あんまり興味のない 女性キャラとか が5個出たら 困るじゃない・・・・・

木吉先輩と 出来ちゃいそうな「監督」とか 5個でたら・・・・泣く

おみくじで 末吉を引いた気分になるじゃない・・・・。

私のライバル→青峰君といい仲になりそうな 桃井さんとか 5個とか出たら 発狂するよ。私。




で・・・旦那様に

「なんで二次元キャラが 好きなんだ?」と聴かれたので 熱く語ってみたら スルーをされた私です・・・



やっぱ・・・熱く語るもんじゃないね・・・・



ここから先は 女の愚痴なので 文字=小です

実際問題・・・・オトコの本音を 知れば知るほど・・・・ハマるよ。二次元に


だって男の本音って こうだよ=ここから先は 全部 生で観たり聞いたりした話





「男は中身で勝負だ!!」と言っている 男の生態

「どんなに 性格が好きで 相性のいい女の子でも 顔が好みじゃないと 「その顔、なんとかなんねぇのかよって思って、辛く当たったりする」(実話)

で、美人でも「その えぐれた胸 なんとかなんねーのかよ」って 腹の中で考えている(実話)


しかも、ハンサムじゃない 

股下が72センチもないようなオトコが そう言う事を考えているのよ

「君がソレを言うの????鏡を観ろよ、ド近眼!!!」って状態なのよ


「俺が君を幸せにする!!!」っていうのは=「だからヤラセてくれ」っていう事の 同意語(実話)

しかも「一生とか 言ってないし・・・」という・・・・





しかも 世知辛い 今の時代 女も経済力っていうモノを 求められたりする。

「一緒に 生きて行きたい」とか言うのは

=「辛い時はお互い様なんだから、当然 俺を助けるよな?」という意味(実話)

「まじめに結婚したいと思う女は 経済力のある女」(実話)






そして=美人薄命 の現実

美人が好きな男は 歳をとっても美人が好きなので 30歳を過ぎて子供を産んだ 昔は美人だった妻に

「お前は汚いから、もう●たない」=(浮気の言い訳)と言い捨てる(実話)




男の生態を 知れば知るほど ハマるよね 二次元に・・・・。


これら・・・諸々を知ると・・・・


男の愛情って言うのは 女の愛情とは 全く違う次元にあるんだなって 思うわ・・・。






中には 

「俺は人付き合いが苦手だから 女房の人付き合いの上手さに 惚れたんです」(実話)っていうのもあるんだけど

そう言う話を聞くのは・・・かなり 稀です





女の愛情は 「見えないもの」を 追いかけるのに対して

男の愛情は 「見えるもの」を 追いかけるのよね・・・・・・







というわけで・・・・


旦那様が 私のお気に入りのキャラを ガシャポンで ゲットして来てくれるのを 心待ちにしている私です

おそらく

私のプリントアウトして渡した資料を片手に ガシャポンの前に お立ちになられるのでしょう


頑張ってね!!!貴方!!!妻は 待っているわ!!!!!

催促





え???自分で ガシャポンを しないのかって????

する訳ないでしょ


私は 昔 サンリオの バツマル君にハマった時に

サンリオコーナーの バツマル君を 大人買いして 諭吉を数枚吹っ飛ばし

店員さんに 山ほどの バツマル君を 「プレゼントですか梱包しますか?」ときかれ

「自分用です」と応えて 「店員に にこやかに微笑まれた」=(ドン引きされた) 痛い女なんです・・・・・




そんな女に ガシャポンなんて 危険すぎる・・・



そういや・・・

幼少期に Dr.スランプのアラレちゃん消しゴムの ガシャポンをした時に 

納得がいかず 財布を空にした バカだったわ・・・私・・・



いるでしょ?有り金全部 つぎ込むバカ


私が そう言う奴なんです


バカは ガシャポンに 触れてはイケナイ


いい歳したババアが

 ビニール袋一杯になるまで 「きー!!」とかいいながら 

ガシャポンにはりつくという




見苦しい事 この上ない状況になるのは 火を見るより明か

恥を忍んで アニメイトに行った方が なんぼかましな状況になるのは 目に見えているのよ・・・・



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/2577-f067afa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。