おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そうだ。補足。「愛って便利だ」
moblog_621a3e22.jpg

この作品についての補足なんですが・・・

実際に アッドゥールと結婚したのは 右の アイバクなんですが

愛人として 噂になっていたのは 左の金髪の バルバドスです。

アッドゥールより 10歳くらい若い トルコ北部出身の 奴隷戦士で

「いたく、アッドゥールに可愛がられた」とあった気がしますが

たしか、バルバドスが アッドゥールに遭ったのは 20歳は過ぎていたはず。



でも、地元の伝説では 10代からアッドゥールに可愛がられていることになっているので

伝説は 伝説なんだよね


子供に聴かせる おとぎ話 みたいなもの。


で・・・アッドゥールは 歴史の中で アイバクを風呂場で襲って殺しちゃうっていう事になってます


こういう流れ

バイバロスが アッドゥールと仲良しで 軍隊の豪華なお城が欲しい♥とか言いだすんで

旦那のアイバクが「いい加減にしちくり」と騎兵隊にぶち切れる

バイバロスは逃げちゃいました。

アッドゥールは 自分の支持者の バイバロスがいなくなっちゃったんで 権力が薄れます


で、そこで アッドゥールに捕虜にされてコテンパにやられた 

フランス王の ルイ9世が 「女に負けたダメ王」という汚名を返上すべく 

エジプトへのリベンジに燃えて

「エジプトを攻めるために モンゴルとフランスで 同盟を組んで エジプトを挟み撃ち」にしようと

モンゴルと仲良しに。

で、モンゴルとフランスに一緒に攻め入られたら困ると思ったアイバクは

オスマン帝国の、仲間になってくれそうな相手先の若い娘と結婚する約束をしちゃう。

アッドゥール。旦那の新しい嫁騒動に 嫉妬の鬼 という流れです


でも・・・・

もう、二人とも いい加減 いい歳になっていて

アイバクはヨボヨボのじいさん。アッドゥールも いい加減 初老をとうにすぎてたはず

しかも、「女に負けた ダメ王」の標的は アッドゥールへのリベンジなので

コレは アッドゥールと その養子(自分の息子)のための

防御策の一環にすぎないともとれる訳です



で・・・何気に「政権争いで、アッドゥールはアイバクを殺した」という説になっているんですが

アイバクには アッドゥールと結婚する前に 古い嫁との間に息子がいて

アイバクは その古い嫁と離婚して アッドゥールと結婚するんですが

アッドゥールにはアイバクとの間に子供がいなかったので

アッドゥールは 古い嫁との間の息子を養子に迎えて 「次のサルタンにするつもり」なのが決まっていたし

アイバクが新しい 若い嫁を迎えた所で アッドゥールの立場が変わる事は無かったので



アイバクを殺して 唯一得をするのは アイバクの古い嫁

アイバクが若い女と正当な結婚をして息子を作られたら 自分の息子はサルタンになれず その若い女の息子がサルタンになって、やり手の摂政がその若い女の息子の後ろ盾についちゃう。

アイバクの息子は 継母のアッドゥールの処罰には反対の立場をとったらしい


歴史では

アッドゥールは 嫉妬に狂いアイバクを殺した後 

逃げもせずに自宅にいて その古い嫁に捕まって 養子の元に送検された後 その古い嫁の侍女に殺された 

とあるんですが・・・

アイバクを殺したのは 本当にアッドゥールなのか??????????という疑問が 

私の中にはあるのですよ・・・・・


アッドゥールがアイバクを殺した証拠というのが

アイバクを殺したという 刺客が 「アッドゥールの指示で殺しました」と

言っただけ



殺ったのは その 古い嫁なんじゃないの??????????とか思う・・・・


その古い嫁の息子=アッドゥールの養子は アッドゥールの処罰には反対だったらしいんで・・・・

おかんの独断だったんじゃねーの???とか思っちゃう。


つまり 

アイバクの殺害理由が 理解不能=不自然きわまりないので「嫉妬に狂って殺した」という事になっているっぽい。




・・・なにか理解不能な事件が起きた場合

「愛です!!!」というと 人は不思議と 納得してしまうらしい

で それは 歴史も同じらしい・・・・


便利ですね 「愛」

まさに 万能薬


今回 漫画では アッドゥールと 古い嫁の接点が ほとんど無いので 古い嫁はスルーしたんですが・・・

何気にドロドロだったぽい。古い嫁の方が・・・・



で、アイバクの古い嫁との息子は 戦争には役に立たず 

摂政についた男に「役立たず」と 投獄されて死んじゃいます・・・・

で、次のサルタンは その摂政さん。






地位と権力がある人たちって・・・・大変ね・・・・・







スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/2366-df1be4a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。