おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だって、女のプロだもの
旦那様におねだりして ラストエンペラーを借りて来てもらい 観たのですよ

次のお仕事が 満州なので、その経緯で・・・


で・・・ラスト・エンペラーと言えば ジョン・ローン様じゃないですか

(当時は 彼に「様」をつけるのが常識だった)

で・・・・・・

昔々 私が映画の同人誌をしていた時に、

「どう見てもジョン・ローンがオトコにしか見えないので、苦しい映画だぞ」と言われていたので、観なかった

コレをみたのですよ。




京劇のオヤマ=女形に恋をした フランスの外交官が どんどん道を外していく映画



・・・・・現実に あった話だというから 驚きだ・・・・


心の中で 現実のこのフランスの外交官は「ワインの飲み過ぎで 酔っぱらってたんじゃね???」とか思ったり

普通に ゲイカップルだったんじゃね???とか思ったりするんですが

・・・・・面白かったよ。これ。



だって 外交官が「女だと信じ込んでいる」んだもの・・・

また、ジョン・ローンの話し方が上手いんだ。昔のハリウッド女優みたいに喋るの

「白人女性みたいに 豊乳じゃない」っていうのを言い訳に 裸にならないの。着衣のまんまヤルの

しかも 背面で

ほら、よく、「初夜で、裸が恥ずかしくてカーテンに隠れるかわいい女」みたいに

「恥じらい」ってもんに 盛り上がっちゃってるんだよね・・・オッサン=外交官

まぁ、上手い事、逃げるんだ

だから

「まじ、騙されているんだな、この外交官」という有様なので

「裏切られた後に どうなっていくのかがわからない」の。

しかも、この外交官

最後に ジョン・ローンの演じる女に騙されて、スパイの片棒 担いじゃう・・・・



まぁ

実際にあった話だから 予告の通りに 法廷に持ち込まれる事(男なのがバレる)のですが

ほら、恋愛ものだから 

終末は 当事者の心の置き所でしょ



最後は「実はオトコでした」っていうのが発覚するのはわかるんですよ。現実の事件だから

そのとき、「そんなに夢中になった 主人公は どういう行動に出るんだろう???」というのが

話が進んで 演じられるまで 見えない

ちょっと、「どうするの?どうするの?」って ドキドキしながら観ちゃった







で・・・ここで考えた私・・・・

愛って何?????????

うちは 夫婦仲がすこぶる良いのですが

「何????」って考えると、答えが出ない物ですね  愛って





しかし・・・惨めな役をやらせると・・・上手いなぁ・・・ジェレミー

しかも、

オカマ?が オトコに戻った姿が 明らかに ジェレミーより男前の ジョン・ローンっていうところが

さらに ジェレミーの惨めな感じに 火をつけて やりきれなくなる感じが 良かったです





しかし・・・プロのオヤマにかかったら・・・

「完璧な女に愛された」って言ってしまうのは わかる気がする・・・・

オヤマは 女のプロだもの・・・・


そう・・・彼はそんじょそこらの オカマではなく オヤマ

女形=オヤマだよ

世の中のオトコの理想を詰め込んだ 男が作った 女だよ

夢中になるなって言ったって 無理だよそりゃ・・・とか 思っちゃうのよね・・・





それにね・・・勝手な想像なんだけど・・・

現実の この外交官の 離婚する羽目になった奥さん・・・・

巨木だったんじゃないかな・・・・・・・・・・・

巨木に比べりゃ アジアの男の人なんて 少女だよ。少女



おまけにね

作中に 「オリエンタルの女はすごくすごく良い 

西洋の女は 駄目だ クリスチャンだから」

って言うのがある


つまり 西洋は 恋人より妻より上に 神様がいる から

いくら愛したって 神様より上にはならない  っていうのを 自分の事もふまえて感じている訳で

宗教が「古くからの言い伝えや思想」に近い東洋文化の中で「一番」っていう位置を見つけるんだと思うのよね

クリスチャン・・・・・・


大変ね 一神教って・・・・




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/2342-490d784c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。