おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小人さんが出た!



旦那様の、サクサクパンダ レア物コレクション

当然、美味しくいただきました。((_ _))



で、お正月は、旦那様と別行動をしている私




実家に戻り、お掃除したり、ご飯を作ったりしています。((_ _))

帰省して来た妹と一緒に、車に掃除用具を乗せて、お掃除に行ったり、楽しかったさ。


お正月のハワイも楽しいでしょうけど、仲の良い親戚と掃除するのも楽しいよ。

まぁ、ウチは兄弟仲が良いので、大概、何をしていても楽しいんですが…



そういえば、ガン無視されている父に、ちろっと

「酒を飲まない人生の何が楽しいんだ」と聞かれた

ちっとも飲んでいないわけではないんですが、普通、緊張する相手を前に、酒は進まないですよね

と、いうわけで、そんな事を聞かれてしまった。


私の答え

「楽しいですよ。仕事とか。なんでも、大概」


おかしいかな。こういうの。私は、掃除だって楽しい。

親父にガン無視食らうのも楽しいよ。ビンゴビンゴ♡だもの。



逆に、大酒飲んで、羽目を外して、好き放題やって、人間関係壊す方が嫌だわ。


で、今回の帰省で、一つ身にしみた事がありました。

親戚に、大事な人を亡くした人がいたんですが、

骨壷の前で泣いていたら、骨壷から、故人が にゅるんと浮かび上がって来たんだそうな


大事な人を亡くして、憔悴し切って、骨壷の前で泣いていたら、現れたんだそうで...

まぁ、早い話が、夢なんでしょうけど

そういう体験をした人は、とても死後の世界を信じるらしい。

実際、その人も、すごく信心深い。


そんな、泣ける話を聞きながら、私が思ったこと

「人間に夢を見る機能がついている限り、霊現象とか宗教は無くならないな...」でした。



可愛くない私なんですが

そういう事でしょ???




ちなみに、タイトルの「小人さん」の事件

応接間で仕事をしている間に、椅子の上で、ウトウト眠ってしまったら

少なくなっていたはずの 石油ストーブの石油が ほぼ満タンに増えていた



どうやら、「この寒い北国で、ストーブを切らして椅子で寝るっていうアホを発見した」人が

石油を足して来て、ストーブをつけ直してくれたんでしょうね。



小人さんじゃないんだけど、コレが「小人さん現象」なんでしょうね


よく、怪談とかで「草木も眠る〜」などと言い

夜中に人影をみて 幽霊が出た〜〜〜〜〜〜とかいう話になってますが

夜中、起きている人はいるでしょ。普通に。

昔だし、暗くなるのが早いから、寝る時間も早いでしょ

お夕飯を食べた後、七時とかに寝ちゃったら、普通に、二時には起きるでしょ。


つまり、「小人さんが出た」という事は

遭遇した人が「こいつ大丈夫か?つうか、明らかにダメじゃん!!!」というアホな事をしでかした時に

こっそり現れるんですよね。


つまり、私は、アホでした。


けっこういつもの事なんですけど....



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/2139-6edd48b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。