おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

う~ん早く行かなきゃ・・・
3月14日までなんですよ コレ




早く行かなきゃ・・・・

つうか・・・・正方形の概念が甘いなぁ・・・この人・・・・そこのところがちょっと観ていて気持ち悪い・・・

ある意味 もの凄い自由人ですね この方

超前衛のダリが最高点を付けた作家 というだけあって ものすごい自由なパースです

こんな「硬めの風俗画」の顔をして めちゃめちゃ自由なパースです

ある意味 超ファンキー




ただ そのファンキーさ加減が・・・ダリまで行ってない所が 評価が微妙な所

ファンキーなんじゃなくて 良く解ってないだけじゃね????という意見もあって・・・・


正直 私は後者だと思う



いや,地平線からのパース=地平線の概念=集中点 はとれているんだけどね(物に寄ってはがちゃがちゃですが)・・・(それでも物に寄っては 鋲を打って糸で引っ張っているもよう)

ただ、線を集中させるだけじゃ空間は旨く処理できないんだよね・・・



空間に対するパースの理論が頭の中でできていないんだな この人

世間の評価は「鋲を打ってるから集中点合ってるはず」って言う事になっているかも知れないのですが・・・・

東京5美大のどこにも引っかからないぞ・・・・この空間処理じゃ(美大はパースを教えてくれる所ではなくて パースを解っている人が入る所っす)

床の欲しい模様の具合と 壁のパースが合っていない=床の模様が壁とズレていても平気って言う 

ある意味 すごい芸術家だとも言える・・・・



多分 人の存在感を出す為に 地平線の設定を低く持ってくるのが好きなようで

つまり 人間=背中を強調する為に 視線を低くしている=日常=風俗画 なので 対象が座っている事が多く

画家の視点から見ると頭の位置に地平線が来てしまうのを 無理くり低くしているので

本来なら もの凄く遠くから描かなければイケナイのだけれど

室内画なので 空間に限界が来るのでしょう。




「正方形の四隅は円と接触する」所まで考えてはいないんだな・・・

長方形を規則的に並べる事は凄く簡単だけど 

正方形を規則的に並べる事は その向こうのスキル なんだよね

遠近法を使う市松模様を多様してはいるけれど、最初の円の設定が甘いから 視界の限界を突破しているので長方形に見える・・・・

だから 私は「この人できてない」と判断するのでした。




で、正方形を正しく表現できていないと 対象物との距離感覚がいい加減になるから

物をいい具合に画面に治める事ができないんだよね・・・

パースを画面だけで穫ると 地面が危うくなる典型ですね・・・手前に間延びして 坂に見えるし・・・

一体,その椅子 何10センチ幅なんだよ・・・「それ、実はソファーだろ」と突っ込みたくなる・・・

対象と画家との距離が近いから 観たまんま描くと 手前のパースが破綻する典型っす。


ここまで視線の低い絵画だと 遠近法が 破状しない方法として 画面一番手前をはじめに決めて 後に奥行きの大きさを決めて線を引っ張るべき=でその時の縦と横の比率をきちんとはかればそんなに見苦しいパースにはならないはず=もっと精密に言うと 手前の正円に設定した楕円を地平線に向かって潰して行けば問題の無い正方形が作成できる=だけど、この人は奥行き一歩手前から「ホイホイ」取り始めるからこういう事になるんだな・・・2カ所でバランス取る所までは考えなかったか・・・・

もしくは 2カ所でバランスを取った場合 「視線の低さ」が強調されて 子供の視線 になるのが嫌だったか どっちかですね





評論家によっては 「解っていて崩している」と言ってるみたいなんですが

市松模様にチャレンジしつつ旨くバランスが取れずに玉砕している所を観ると 解ってないと判断する私です

ほんの数ミリ=数センチの設定で ソレらしく見える床 というのは出来上がるので 解ってりゃこんな風にはならない

漫画家のお手伝いさんがはじめにぶつかる壁に この人もぶつかっている と思う。

残念・・・ソレさえ解れば もっと評価が高かっただろうに・・・・

行って円の説明をしてあげたい・・・・こんな説明 3分でできる・・・・ふう。



ただ 絵って言うのは 正確に描けばいいってものでも 見えるまんま書き込めばいいってものでもないので

破綻していることによって 逆に近さを感じる事もできるわけで・・・

ただ、私はそこが気になる というだけの事。

観る時は 近くで観よう・・・・と思うのでした。





手前に布を下げる趣向が有るようなんですが・・・・観る者を第三者に仕立て上げる効果はあるんですが 

ソレによって「時」を捕らえている光の使い方のワリに

「空間に起きた時」の尊厳が逆に損なわれている帰来もないでも無いので

「パースの破状を誤摩化す為に手前に物おいていませんか????」という疑問の残る私です






ただ 「フレッシュで美しい」ことには変わりないし それは絶対の存在感なので

早く観に行かなくっちゃ・・・・な感じ。


こういう「どこか欠けた絵画」っていうのは 逆に存在価値があるというか 

「欠けても余るすばらしい部分」を思い知らさせてくれる=ソレが無かったら 名前が残っていない訳で  

ある意味 大切。とても新鮮&貴重


しかし・・・良く引き上げないで 貸し出してくれてるな・・・今時の 揺れまくっている日本に・・・・・


ありがとう~。




スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/1780-f1c53161
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。