おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダーリん
今日、アンケートで 『大好きな歴史上の人物は?』というのがあって

もの凄くマイナーな?方を答えたので ここで補足しておきます


中学の図書館のロシア革命のオレンジ色の本に載ってた写真に一目惚れして 図書館に毎日会いに行ったほどの人

ふぇりっくす・ふぇりくそびっち・ゆすぽふ さん=ふぇりくそびっちって・・・・凄い名前だ

怪僧ラスプーチンを暗殺なさった方=この線の細さで怪僧と対峙した所が惚れツボです



なにやら サイトがある・・・
○あれきさんだーきゅうていいいんかい製作のサイト




で・・・もう有名ですが,この方 女装で有名な方・・・留学先のイングランドで女装をして新聞をにぎわせていたという・・・強者です(毎年、何かのイベント???で女装をしていて偉い大人気でみんな楽しみにしていたそうな・・・・・・)よくみりゃ 子供の頃の写真で ドレス着せられている・・・おかあさん???????ちなみに 男前のお父さんは 婿養子の模様。大反対はできなかったのね・・・・・

で,某漫画で日本で有名になったのはいいんですが 多分モデルは 女関係で決闘して若くしてなくなった ふぇりくそびっちさんの兄上の方なんじゃなかろうか・・・と思われます。

で・・・私的に 凄く気になる記述が残っていて・・・・・

ラスプーチンを暗殺した日・・・ラスプーチンをお迎えに行った ふぇりくそびっちさんの手をとって ラスプーチンは凍った階段を下りた=お姫様のように扱ったとある・・・・・・・・・・



・・・・・何をお召しになってましたか????ふぇりくそびっちさん!!!!!!!!!!




映画とかじゃ・・・・軍服姿で 暗殺なさってましたが・・・・・

軍服で迎えに行った男を 階段を降りる時に『危ないから』といって手を引く者はいないとおもうんですが・・・

気のせいですか????

私の頭 腐ってますか???????



つうか・・・誰にも気づかれずに 長い間 ラスプーチンの所に通い詰めて ラスプーチンを懐柔したという ふぇりくそびっちさん 

つうか 私的な結論


ラスプーチンも まさか 女装した男=患者 に殺されるとは思っていなかったんじゃないかと・・・・・


ラスプーチン 「悩める子羊」を装って近づいた ふぇりくそびっちさんの『病』(何の病だか書いてありませんでしたが)を 「ストレスのせいだ」と 治療していたんだそうな・・・・おいおいおいおい

で、ラスプーチンは ふぇりくそびちさんの ギターとお歌が大好きで

青酸カリを飲まされた後も ふぇりくそびっちさんの領地で穫れたワインを絶賛し続け 地下室におかれた家具も大絶賛だった模様・・・

ラスプーチン 自分の立場が危なくなった場合 ロシア国内で ほぼ治外法権になっている大富豪の ふぇりくそびっちさんがかくまってくる先になるんじゃなかろうかと期待していたかどうかは知りませんが・・・(ロシアを大昔に支配していたタタールの3部族長の1つの族長の直系で=3部族の支配権をほぼ残した形で今のロシアになったので残りの3部族の実支配は続いていて ふぇりくそびっちさんのお家は ロシアでも肥沃な大地のクリミアをお持ちになってたのでニコライ=ロシア皇帝よりもお金持ちだった)

手を取って 階段を下りたラスプーチンが ちょっと可哀想・・・・・。



ちなみにふぇりくそびっちさんは 大の愛妻家で 奥さんがラスプーチンの愛人で 暗殺に関与していたと書かれた映画に猛抗議なさって 裁判起こしておりました。

そうです・・・・通っていたのは 奥様ではなくて ご本人の方・・・・・

この場合・・・ドレスを着た貴人がラスプーチンの所に通い詰めていたいた場合 誤解されても仕方が無い気がするが・・・・・まぁ それは私の『勘違いされる理由って?」という推測でしかないのでおいておいて


ご生前の動画があった




まぁ、とにもかくにも 大往生ですばらしいっす。

で,多分コレが ご本人の著書を元に作られた映画=ドラマ?



パグ好きな所も忠実に書かれている模様



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/1778-f37fb164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。