おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捏造してる気分になる



世界マンガ大会というのがあってですね

今のところ アジア諸国なんですが=ウクライナさんいらっしゃるけど ウクライナさんもアジアだったんだね・・・広いぞアジア

で あちこちで 交流イベントというのをなさっていて

いつも 私の入っている漫画家団体さんがおよばれしている?のか メインなのか? お呼びが来る訳なのですよ。

で 今回、カタログ?を作るというので データをペロペロと 送信したのですよ

そしたら…

2センチはアルだろう、ドデカい フルカラーのカタログが送られて来まして…

中には 日本の著名な漫画家さんがおられまして…

早い話が 私もそこに並んだ訳です <(_ _)>



穴が あったら 入りたい


裏街道 まっしぐら の 私の獣道…

これは 自分の経歴詐称に ならないのだろうか…






で、アジア諸国の方々…今時のかわいい絵の方も沢山おられまして…

この勢いだと 数年後には 台湾あたりでコミケが開かれるのも 時間の問題のような気が…


ただ…基本、日本でのメジャーリーグデビューっていうのが目標の方々もおられまして…


で、近年、漫画に夢中になって育った アジアの方々が 日本の漫画学校に留学して来て デビューを目指すという現象も起きているようで・・・・



日本の出版界の 大きな壁を どう彼らは乗り切るんだろう…と心配になる私です



まぁ、先のテレビ局問題も有りますが、雑誌の大半を海外製に…という訳には、どうやら今のところ無い訳で…載って2人が限度なんじゃないかな…


日本人の場合も現実は厳しくて


人と同じような 幸せな幼少期を送らないと 読者が 読んで楽しい物は描けない

という 考え方が 出版界のメジャーリーグにはあります

衝撃的な考え方ですが

ソレがメジャーリーグの考え方です

漫画家なんて腐るほどいる。それが根本に有りますから 無理して冒険なんてする必要なんか無いのです。


という事で


他の 明らかに利点と思われる物を掴まない限り メジャーリーグでの採用は有りません


「オヤジがよく殴る 」なんて 打ち合わせでこぼしたら最後 幸せ系の掲載は無くなります



一発目、今までずっと描いてきた先生を跳ね返して一位でも取らない限り

幸せ系 からは 縁遠くなる


「いや。殴られたけど,助けてくれた友達もいまして、そういう人の温かさは解ります」と答えた所で

「いや~~~だって まず 一般人はそう言う事無いから ズレがどこかに出てくるハズですよ」になります。





「楽しく 朗らかに なんの苦労もせず」というのが 一般の日本人の定義ですから そこから外れたら

『リストラリスト』にしょっぱなから載ります。




ソレが現実

本人の資質に関わらず 昔流行った、「腐ったミカン」っていうレッテルを貼られ

そしてけちょんけちょんに自分の人生を偏見でコケおろされて放心状態で青空を眺める・・・なんてのは

この業界 普通に有ります。(まぁ、絵の世界はみんなこうですが)



海外でコレをやったら とんでもない差別と言う事になりますが 

日本には基本『差別は無い』という認識が有るので 

明らかに差別していても 差別になっているとは夢にも思わない国民です

逆に『目に見えない物が解る』という才能に飢えていますから 

本来なら 物を見いだす事にその才能は発揮されなければイケマセンが

とりあえず 難癖付けて 解ってるふり。も デモンストレーションとして有効です



・・・海外の方が・・・コレに耐えられるかが まず心配。

勇気と正義と友情あふれる所だったはずのメジャーリーグのこの現状を どう対処して行くんだろう・・・



まぁ、打ち合わせでは 慎重を期せば そういう問題は無いのかな


ちなみに、メジャーリーグ以外は あまりそういう事は気にしない模様


懐は メジャーリーグよりも広いということですが

こちらはこちらで メジャーリーグよりも作品の内容においての冒険は有りませんm(_ _)m

そこが 超絶面白い=奇想天外という場面で鍛えられたメジャーリーグから 降りてきた先生達を苦しめている部分です…


取り次ぎの価格=送料 が高いのでメジャーリーグさんより本の値段も高くなって 棚も無いので売るのも難しい


ちなみに 『以前他の作家で失敗したんだよね』という『上からのストップ』もかかるので

はじめの一歩を踏む人は 心してかからないと 後々 同国民に怨まれる事にもなります。


という訳で



現実は厳しいので


自国のマンガの販売網の確率の方が 道は険しく無い気がする…



スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/1737-05b14442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。