おこちゃまは回れ右ざますざますざます
オカマとサド再録本出てます❤️
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匍匐前進



何気に 楽しい老後の為 ちまちま 匍匐前進をしている 私

世間で 習っているんです というと 「出来る」と思われがちですが しつこいようですが できないから 習っているんですよ~。

で、最近 実はとても 新しい単語の覚えが悪い=急に再開したので 類似語が頭の中で ごちゃごちゃになって 整理が着かない状態で 誤解が多い ので その悪状況を脱する為に・・・・引っ張りだして来ました 大学受験で使った デル単

懐かしいでしょう~~~~~~~。デル単 ですよ。デル単。

皆さん、多かれ少なかれ やられましたよね これ。17~8歳ですかね。一生懸命やってたの。

つうか、この歳で 「持っている方が 変」 なのかも知れないのですが 持っているんだな コレが・・・私の場合・・・・。

で、 出る単 は 「浮気しないのが最善策」なんだそうです・・・・。セレクトした 単語の英訳の日本語 が 先生によって 微妙に違う為に 「傷つける=危害を加える」などといった相違が産まれるので 頭の中が余計に ごっちゃになる模様。



で・・・聞いてみたんですよ。 英語圏の子供が 新聞を読めるくらのいの歳は 何歳かと。

そしたらあなた・・・やっぱり 9~10歳だそうで・・・・つまり 四六時中 その言語に囲まれていても その程度の時間はかかるらしい・・・・。

まぁ、私が小学生のとき 「朝」という漢字を習ったのがそのくらいの年齢ですから やっぱり、そのくらいかかるのかもですね・・・・。


まぁ、でも 別に 受験生のように 数ヶ月後に試験が迫っている訳でもないし 

ビジネスマンのように=最近は課長クラス以上は必須 とかで、昇進がかかっている訳でもないので

そこらへん 気長にやれるのが おばちゃんの良い所((_ _))

必死こいて覚えている人に 殴られそうだ・・・・。




で・・・・関係ないと言えば 関係ないのですが・・・・

アメリカのラジオ局を持っている ある宗教の信者の方が 5月21日に 神による 最後の審判 が下って 大地震によって敬虔な信者は天に召され 生き残った人間は 数ヶ月に渡り続く 世界の終わりに巻き込まれる・・・・・・・という・・・・・・・ある意味 かなり勇気のいる 大予言をして一騒動・・・・たそうですが・・・・・21日には来ませんでしたね 大地震・・・・悼ましい事に20日に トルコで3人亡くなったようですが・・・・21日ではないし・・・・ましてや その方と同じ宗派の徒は1%にも満たないらしい・・・・。


で・・・・ここで 思うに・・・・・・個人がラジオ局を持てるのって 

始末書書かなくていいので 自由で良いいですね


誰か 自由と権利をかざすには 必ず責任と義務を遂行する必要があるって言う 人類の掟を教えてあげて・・。


ラジオって言う・・・報道の一環に従事していてそれでいいのか????免許は無いのか????

それとも・・・この 好き放題 が 混沌としたところが アメリカの良い所なんでしょうか・・・・。


ほら 元から 自由の国だから 自由を手にする為に 苦労する事なんかないから 日常的に義務や責任を考える必要が無いのかもしれません。ある意味、アメリカという国は 義務や責任をいちいち考えるコトが嫌な人には パラダイスかもしれない。


人間。自分で考えることをやめると 何をしでかすか解らないから無いから気をつけた方が良い。と 真剣に思った今日この頃です。



同じ国で もっとも自由から 遠かった人々もいたのですがね・・・・

昔、南北戦争の北軍の黒人の57連隊を描いた映画で モーガン・フリーマンさんが 「権利を人からもらうだけじゃダメなんだ」という事を とてもインテリジェントに語られておられる映画
個人貼付け許可物





そういや この映画 最後に 年端も行かない白人の青年将校=黒人連隊の隊長が「難攻不落の砦に突っ込む栄誉をお与えください!!!」って将軍に申し出て まぁ,早い話が玉砕するんですが・・・・映画評論家のオッサンがどうやら寝ていたらしく「栄誉」の意味をはき違えて解説していて どうしてこう平気でオッサン仕事が出来るのかなと世の中を儚んだ記憶があります。この映画の「栄誉」は 自由を勝ち取る「栄誉」であって ただの権力に対する「栄誉」ではないので そこら辺、きっちり押さえてご鑑賞ください。

まぁ,娯楽映画ではないです。でもおばちゃんは「坊や~~~~っ」て泣ける映画。

あ。問題発言があったので 補足します


オッサン仕事=ある程度昇進した権力のある男性に起こりがちな 隙だらけの仕事=世の中舐めているので慎重さに欠ける=権力の落とし穴にハマるの同意語

オバサン仕事=直感を第一に考えてしまう為に 自分自身に一番インパクトのある事しか把握できず 物事の真意を見失って 世間とズレル=多面性の把握が出来ない=100%愛の同意語

私の見解=この両者は もっとも その方々に心地よい状態を生み出す為に 逆を返せば その部分をついた作品が 世間ではウケる可能性が高い。ハーレク●ンやヤンキー系漫画等  両者とも 漫画という媒体では ある意味不動の必要要素
 
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://gyamboo.blog32.fc2.com/tb.php/1480-bd26018f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さくらいくん

Author:さくらいくん
↑アイコン死んだ…何が悪いんだ?
桜井美音子♀という、大人の漫画家でございます。大人の漫画も描けば、ひらひらなドレスの漫画も描きます。節操はないです。ただひとつ、特筆すべき特徴があるとしたら、男の体を描くのが三度の飯より好きなことです・・・このためにあたしは漫画家になりました。(断言)おとうさんおかあさん。生まれてきてごめんなさい。



最近の記事



最近のコメント



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



月別アーカイブ



最近のトラックバック



FC2カウンター



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



小さな天気予報


-天気予報コム- -FC2-



ブログ内検索



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。